読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢に向かって、好奇心を持ち、疑問を持ち続ける。それが努力。

博士課程に在学するロボット好き学生のブログです。

転職活動でしてはいけないNG行動10

こんなサイトがあったので紹介。

 

 転職活動でしてはいけないNG行動10 

 http://womantype.jp/mag/archives/4992

 

でもどれも当然のことで、普通に考えたらしないですね(笑)


そこで、転職ってなんでするんだろう?って自分に問うたときに、どう答えるか考えてみた。

・何か将来的な目標をもっていて、その中で必要なものが(これまでの職場で)得られた
・その得たものを活用して、ステップアップのため、もしくはその実現のために 〇〇社にいきたい


外枠だけ言えばこんな感じだと思う。(目的とかの部分は非常に長くなるのでまた機会があったら共有します)


ここには、始めるためのポイントが書いてある。

 1からわかる転職活動の流れ
 http://doda.jp/guide/manual/1/002.html


その中で特に大事なところと、私が追加したい大事なところは下記だと思う。

1.計画を立てる
2.自己分析 兼 転職する目的をまとめる
3.情報収集
4.自分の合致するポジション・やりたいことの具体化


それぞれ大事な理由を補足しておきます。(自分のメモのためにも)

 

1.計画を立てる

いつまでに どんなところに行きたい・どんな職種につきたい。こういう具体的な計画がないと、だらだら『ここいいなぁ』『でもどうしようかなぁ』で終わってしまい、気づいたら今の会社に長くいちゃう、そんなことも少なくないと思う。
本当にやりたいことがあるなら、いつまでに!というしっかりとした目標を持って、徹底的に先を探すことが大事だと思う。


2.自己分析 兼 転職する目的をまとめる

なぜ自分が転職したいか?それを考えるためには、まず自分が何をやりたいか(何を大事にするか)を明確にする必要があると思う。(もちろんやりたいことだけじゃなくて、環境の面でも、給料の面でも、何を大事にするかは人それぞれであっていいと思う)
その上で、今の会社の分析をして、そこではだめな理由、をしっかり把握する。

(転職を決意して固い意識を持つきっかけにもなる)

 

3.情報収集

2の上で、自分の大事にしたいことが守られる会社かどうか、また自分がだめだと思っている部分が今のところよりも少なくとも良いと言えるところかどうかをしっかり、ヒアリング等でも収集しながら、行きたい会社について信じる意思をもつ。
(このとき、だめな部分があっても、大事にしているところが守られるのであれば・・・という優先順位ベースで決めるのもありだと思う)

 

4.自分の合致するポジション・やりたいことの具体化

2・3と同時かもしれないが、更にその会社でやりたいポジションややりたいことを、情報収集した結果に合わせて具体化して、履歴書の志望理由等に記載する項目が整理される。

 

勝手に思ったことを書いてみましたが・・・

転職する際には、もう一度自分が大事だと思うところを振り返ってじっくり考えてみたいと思う。