読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢に向かって、好奇心を持ち、疑問を持ち続ける。それが努力。

博士課程に在学するロボット好き学生のブログです。

Tera TermのログにTimeStampを出力する方法

今回はWindowsでシリアル通信を行うときに良く用いられるTera Termのログ出力及び,タイムスタンプの出力方法についてです.

Tera Termは, SourceForgeからダウンロードできます.
http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/

シリアル通信を行っていて,応答までの時間を測定したいこともあると思います.そんなとき,マクロを組んでも良いですが,ログ出力でタイムスタンプ機能がついているので,紹介します.

まず,以下の設定ファイルを次のように書き換えます.
C:\Program Files\teraterm\TERATERM.INI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
; timestamp flag for Log (on/off)
(変更前) LogTimestamp=off

(変更後) LogTimestamp=on
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に,Tera TermでCOMxとの接続を実施後,ファイル→ログボタンを押下後,出力先ファイルを選択すると,転送用ログファイルにログがどんどん溜められて行きます.

実行していくと溜められていくログは,ログ表示で途中で見ることも出来ますが,最終的には,接続断した際に全てのログがファイルに転送され(書き込まれ)ます.

これにより,出力先のログファイルに,
[timestamp] 入出力
の形式で出力されます.

注意は,最初に,【ログ】ボタンを推しておくことです.
これをしないと,データは保存されませんので,お気をつけてください.

不安になったら,途中で【ログ表示】ボタンを押して,ちゃんとログが蓄積されているかを確認すると良いと思います.


今日はTera Termのログ出力方法に関してでした!